クワガタムシのなかま


コクワガタ

特徴 日本のクワガタの中では中型になります。体色は黒色もしくは赤褐色でアゴの細いクワガタです。性質は他のクワガタに比べおとなしく、ケンカして相手を殺してしまうことが少ないです。



ノコギリクワガタ

特徴 体の色は赤褐色から茶褐色。ギザギザの内歯の大顎が特徴的なクワガタです。小型のオスと大型のオスではあごの形が違い、小型は大顎が直線的、大型は湾曲します。メスは他のクワガタのメスに比べ丸っこく、他の種類のメスと区別が簡単です。道の駅(伊吹の里旬彩の森)で、小型のオスを”うさノコ”と書いて売っていました。たぶん、アゴの付き方がウサギのように見えるからだと思います。気性は荒く攻撃的です。



ヒラタクワガタ

特徴 体の色は黒色か黒褐色で、その名の通り平たい体型をしています。大顎が太く、内歯がギザギザとしています。体に艶があります。性質は凶暴。同じヒラタクワガタの♀でも気に入らないければ容赦なく殺します。



アカアシクワガタ

特徴 体色が赤褐色か黒褐色で、コクワガタに比べ艶があります。また、その名の通り、脚、腹部が赤く、他のクワガタと区別が容易です。基本は標高の高い涼しい場所を好みます。ただ、低山地にも生息しているところはあります。



スジクワガタ

特徴 オスの体型はコクワガタに似ていますが、大型のスジクワガタは、大顎の内歯が発達し斧のような形状になります。小型のオスは内歯がほとんど無くなり、後翅に明瞭なスジが現れます。メスも後翅にスジがあるので区別が難しくなります。温厚な性格で多頭飼いも可能です。主に標高の高い山地に生息していますが、低山地でも生息しています。暑さに弱く、涼しい環境を好みます。



ミヤマクワガタ

特徴 オスの頭部に耳状突起のあるクワガタ。オス、メス共に腿節(脚の根元の方)が黄土色をしており、メスは他の種類に比べてスリムで見分けが容易です。深山(ミヤマ)の名前の通り、自然の豊かなところで捕れます。基本は標高の高い涼しい環境を好みますが、低山地にも生息しています。暑さに弱く、飼育には温度管理が必要です。



外来種

セレベスヒラタクワガタ

特徴 たいへん強力なアゴをもつヒラタクワガタです。挟む力が強力なので飼育ケースをバキバキ壊します。暴れん坊です。抽選で当たってもらいました。