セミのなかま


ニイニイゼミ

捕獲難度 C

特徴 桜の幹の色によく似ている小さなセミ。オスメス関係なく頭がオレンジ色と緑色の2種類がいる。他のセミがまだいないときは、木の下の方にはいませんが、他のセミが出てくると、力関係がクマゼミやアブラゼミよりニイニイゼミが弱いようなので、力の強いものから木のいいポジションを取っていくので、ニイニイゼミは木の下の方に追いやられるようです。捕獲は簡単で、見つけさえすれば手で捕れます。幼虫はクマゼミの幼虫の半分程度の大きさで、木の根元近くで羽化します。

よくいる場所 木の下の方



アブラゼミ

捕獲難度 C

特徴 頭が黒く、茶色い羽をもつセミ。愛知県の北部ではアブラゼミが多く、岐阜県の各務原市近くはクマゼミが多い。

よくいる場所 神社、野山などの木



クマゼミ

捕獲難度 C

特徴 体が黒く、透明の羽をもつ大きなセミ。シャーシャーシャーと大きな声で鳴く。岐阜県の岐阜市、各務原市辺りには多いけれど、木曽川を挟んだ愛知県の一宮市辺りではアブラゼミが多く、クマゼミはあまりいない。

よくいる場所 神社、野山などの木



ミンミンゼミ

捕獲難度 A

特徴 体が緑色、透明な羽をしている。

大きさはアブラゼミくらい。ミ-ンミ-ンと鳴く。音にとても敏感なので捕獲が難しい。山の中に多い。

よくいる場所 野山などの木



ヒグラシ

捕獲難度 B

特徴 体が緑色、透明な羽をしている。

大きさはアブラゼミより少し小さい。カナカナと鳴く。近寄ってもあまり逃げないので捕まえやすい。

よくいる場所 野山などの木