セミの幼虫の捕まえ方

1、服装や装備

2、捕まえに行く時間

3、捕まえる方法

4、捕まえる時に気を付けること

5、羽化する場所を作る

1、服装や装備

よく捕れる場所は、セミがたくさん鳴いているところです。野山、神社、学校など 成虫がいるところ=幼虫の捕れるところです。捕りに行くときは、できるだけ長袖長ズボンくつで行きましょう。ケガをしないようにするためと、蚊にくわれないためです。虫よけスプレーは何度も塗り直したほうがいいので、持っていくほうがいいです。虫捕り網虫かご、夕方から行くなら懐中電灯がいります。

2、捕まえに行く時間

幼虫を捕りに行くとき、明るい時に捕りに行く方法と、夕方から捕りに行く方法があります。明るい時に捕りに行く場合、捕まえれる数が少ないことが多いです。幼虫はその日の夜以降に羽化するので、しばらく観察できます。夕方から捕りに行く場合、捕まえれる数は多いですが、暗くなるので必ず大人と行きましょう。また、羽化するまであまり時間がないので、急いで羽化する場所に入れてあげましょう。懐中電灯も必要です。

3、捕まえる方法

明るい時に捕りに行く場合、まず、セミのよく鳴いている桜の木などの木を探します。その下を見ると幼虫の堀った穴があるはずです。

セミの幼虫の穴
セミの幼虫の穴

その穴をのぞき込むと幼虫がいる場合があります。草や細い枝などをその穴につっこんでしばらく待つと、枝を穴から抜くとき枝に幼虫がつかまってでてきます。

また他に、幼虫の穴に水を注いで、水が穴にいっぱいになるまでいれる方法があります。すると、息が出来なくなった幼虫は、穴から出て来ます。

溺れて死んでしまうことはありません。いればすぐに出て来ます。

夕方から捕りに行く場合、暗くなる少し前からセミのよく鳴いている木を探しておき、その木の根元辺りを懐中電灯で、ていねいに照らしながら探すと、木を登りに向かおうとしている幼虫を見つけることができます。幼虫を踏まないように自分の足元には注意してください。

捕まえたセミの幼虫
捕まえたセミの幼虫

木を登っている途中で見つけた幼虫

クマゼミ、アブラゼミの幼虫は、人の身長より高いところまで登って羽化することが多いですが、ニイニイゼミの幼虫は、木の根元の方で羽化するので、根元の方を探すと見つけやすいです。高くまで登ってしまった幼虫は、虫捕り網で捕ることができます。登って動きが止まっているものは羽化を始めている場合があるので、そっとしておいてあげましょう。ツクツクボウシは暗くなってすぐに羽化し始めるようなので、捕まえたらすぐ帰りましょう。他のセミは大丈夫でしたがツクツクボウシは帰る途中で羽化し始めたことが何度かあります。

4、捕まえる時に気を付けること

幼虫の体は柔らかく、ぶつけたりして幼虫にダメージを与えると羽化に失敗します。優しくあつかってあげましょう。だから、幼虫を捕る前に、虫かごに止まり木を入れてあげましょう。そうすると、幼虫はお互いを傷つけずにすみます。虫かごは持って歩かず、置いておきましょう。幼虫は転がるだけで羽化に失敗してしまうかもしれません。

5、羽化する場所を作る

捕まえた幼虫は、ほとんどがその夜に羽化します。羽化する場所を作っておかないと、特に暗くなってから捕まえた場合、羽化に間に合わないことがあります。幼虫は羽化を何かに登ってから始めます。登れるものならなんでもよく、木でもコンクリートでもプラスチックでもいいようです。表面がザラザラしているものならだいたい登れます。

セミの幼虫が網戸に登る
セミの幼虫が網戸に登る

網戸に登っている幼虫

私は服の衣装ケースを改造して虫かご代わりにしています。そこに登り木を何本も立てて羽化させようとしましたが、ニイニイゼミの幼虫では、それでいいのですが、クマゼミ、アブラゼミは木を登りきってしまい、虫かごの天井で羽化することがよくあり、狭そうですし、よく登る途中で落ちていました。登り木は垂直に立っていて、ある程度の高さがないといけないようです。庭の木に止まらせて羽化させるのが、幼虫にはいいのではないでしょうか。朝まで逃げていく心配はありませんし、羽もきれいに伸びます。カーテンや網戸に止まらせてもいいです。

セミの幼虫がカーテンに登る
セミの幼虫がカーテンに登る

庭の木やカーテンで羽化するとほとんど成功します。

できない場合は、木をできるだけ垂直に立て、何匹も同じ虫かごに入れないようにしてください。

セミの羽化の様子

アブラゼミの羽化

カーテンを登り、しばらくすると動きが止まります。

セミの幼虫の羽化
セミの幼虫の羽化

背中が割れます。

セミの羽化
セミの羽化

成虫の体が出て来ます。

ハネがのび、乾き始めます。