アゲハチョウ

アゲハチョウ
アゲハチョウ

アゲハチョウ(ナミアゲハ) 揚羽蝶

分布 北海道、本州、四国、九州

特徴 前翅長40~60㎜程度。翅は白もしくは黄色味がかった白色に、黒色の網目模様が入ります。後翅にはオレンジ色や青色の斑点模様が外縁に沿って並びます。特に黄色味がかったナミアゲハはキアゲハに似ています。キアゲハは翅の根元が黒く、ナミアゲハは根元の部分まで白色い部分があります。

生態 市街地から野山までどこにでも見られます。4月~10月頃まで見られます。成虫は花の蜜をエサとします。幼虫のエサはミカン科のミカン、カラタチ、サンショウなどの葉です。幼虫は危険を感じると臭角(しゅうかく)という黄色い角を出し臭い臭いを出します。越冬は蛹でします。幼虫はつつくと臭角を頭部から出し(半透明なオレンジ色)、広い範囲で大変臭い。

飼育 -

幼虫のエサのクスノキは、公園や神社、街路樹などでよく見かける木で、珍しいものではありません。