ナガサキアゲハ

ナガサキアゲハ♂表
ナガサキアゲハ♂表
ナガサキアゲハ♂裏
ナガサキアゲハ♂裏

       ナガサキアゲハ

特徴 前翅長60~80㎜程度。黒いアゲハの中で後翅に尾状突起がなく丸い翅をしているので区別できます(メスに尾状突起があるものもいるそうです)。オスは翅の裏表全体的に黒く、翅の付け根と後翅の外縁に赤色の斑紋が入ります(上の写真2枚)。メスは後翅に白い細長い斑紋が放射線状にあり、オスに比べ全体的に白っぽい(下の写真2枚)。日本の蝶の中では大型種で、木陰や木々の切れ間をほぼ決まったコースで飛びます。捕獲に失敗しても、木陰を逃げて行くことが多く、逃げる方向が予想できるので先回りすることもできます。全力で走れば追いつける場合もあります。

生態 5月~10月頃まで見られます。成虫は花の蜜をエサとします。雑木林や野山の木陰を好みます。幼虫のエサはミカン科のミカン、カラタチなどの葉です。越冬は蛹でします。

飼育 エサは砂糖水でいいのですが、大型の蝶なので、飼育ケースの壁などに当たり翅がボロボロになります。ダンボール飼育ケース縦56㎝✖横46㎝✖高さ100㎝であってもナガサキアゲハにとっては小さいようです。

ナガサキアゲハ♀表
ナガサキアゲハ♀表
ナガサキアゲハ♀裏
ナガサキアゲハ♀裏