ウバタマムシの飼い方

ウバタマムシ表
ウバタマムシ表

分布 本州、四国、九州

特徴 体長25㎜~40㎜程度。6~8月頃に見られる。表面は地味で、松の幹の保護色になっている。裏面は綺麗で、光に当たると金銅色や赤銅色の金属光沢を放つ。また、羽化して間もない個体は、黄灰色の粉を纏うそうです。頭部、前胸背、上翅にシワ状の隆条が多くある。体長はヤマトタマムシと同程度だがガッシリとした体格をしている。

生態 松の木にいるタマムシで、昔はヤマトタマムシのメスと思われていたらしい。表面が松の幹の保護色になっているので、なかなか見つけづらい。(息子が言うには、ウバタマムシの輪郭で判断して見つけるそうです)成虫のエサはマツ類の葉。幼虫のエサはマツ類の材部。松材の害虫とされている。

ウバタマムシ裏側
ウバタマムシ裏側

表面は地味ですが、裏面は金属光沢がありキラキラして綺麗。ヤマトタマムシと比べると見劣りしますが、昆虫の中でも綺麗な部類に入ると思います。

ウバタマムシは、飼育がまだうまくできていません。捕って来て1週間も経たずに死んでしまいました。今回の飼育方法を失敗例として書きますので、皆さんで工夫して飼育してみてください。もし、上手く飼育できましたら、教えて頂けると有難いと思います。

ウバタマムシの飼育環境

プラスチックの飼育ケース小(160×100×高さ120)の物を選びました。そこに、松の枝ごと採ってきた松の葉をそのままいれました。松の葉はしおれたりしているように見えないので、水の入ったカップなどには刺しませんでした。一日に一回、霧吹きで飼育ケース内を湿り気を帯びる程度に濡らしました。飼育ケースの置き場所は、直射日光の当たらないところ。直射日光が当たると温度も上がりますし、水分もどんどん無くなっていくので、死んでしまう原因になると思うからです。木陰をイメージした少し暗いところに置きました。

ウバタマムシのエサ

エサは松の葉を採ってきました。それをそのまま飼育ケースに入れていました。ヤマトタマムシのように拒食症になるか心配していましたが、自分でエサを摂ってフンもしていました。

ウバタマムシの飼育記録

2019/7/23

近所の山の松の木でウバタマムシを捕まえました。飼育ケース小に入れて、そこに松の葉をそのまま入れました。

7/24

ウバタマムシは元気そうです。松の葉もかじられたような跡があります。今日も同じ場所でウバタマムシをもう1匹捕まえました。

7/25

2匹とも元気。エサも食べている。

7/26

1匹が死んでしまいました。もう1匹はまだ元気。

7/27

もう1匹が死んでしまいました。

 

8/25

旅行先の愛知県蒲郡市西浦にてウバタマムシを捕まえました。飼育ケース小に入れて、そこに松の葉をそのまま入れた。

8/26

松の葉をかじっているようだ。フンもしている。元気そうだ。

8/27

今日も元気。エサも食べているようだ。

8/29

死んでしまいました。昨日は元気だったのに・・・・。

 

今回の飼育で解ったこと、反省点

他の虫も飼っていたし、エサも食べていることに安心して飼育環境が雑だったことが問題だったように思います。やはり、松の枝は水の入ったカップに刺して与える必要があったように思います。また、松の葉をエサ兼止まり木的な役割にしていた。松の枝を切って入れておくべきだったと思います。飼育は難しい種類の昆虫かもしれません。