キマダラミヤマカミキリの飼い方、育て方

キマダラミヤマカミキリ
キマダラミヤマカミキリ
キマダラミヤマカミキリ側面
キマダラミヤマカミキリ側面

分布 本州(東北南部以西)、四国、九州

特徴 キマダラミヤマカミキリ、キマダラカミキリ、キマダラヤマカミキリなどの呼び名が複数ある。体長20~35㎜程度。6月~8月頃に見られる。赤褐色の下地に黄金色の微毛で覆われたカミキリ。光の加減で翅の模様の見え方が変わる(ビロードと表現するらしい)。触角の長い種類のカミキリで、オスの触角の方がはるかに長く、体長の3倍にもなるものもいるそうです。前胸背には円錐状の突起を持ち、背面には不規則なシワがある。

生態 夜行性。外灯やクリの花によく飛来する。クヌギ、クリ、ネムノキなどにいる。日中は樹上や落ち葉の下などに潜んでいることが多いが、私が捕獲した個体は日中に木の幹に止まっていた。成虫のエサは樹液、花粉や蜜など。幼虫はクヌギ、クリ、ネムノキなどの朽木。産卵はそれらの木にするそうです。越冬は基本幼虫だが成虫で越冬するものもいるそうです。

キマダラミヤマカミキリ
キマダラミヤマカミキリ

キマダラミヤマカミキリの飼育環境

プラスチックの飼育ケース小(160×100×高さ120)の物でいいです。そこに、止まる為の木や枝、木の葉などを入れます。休んだり隠れたりするために入れます。一日に一回、霧吹きで飼育ケース内を湿り気を帯びる程度に濡らしてください。飼育ケースの置き場所は、直射日光の当たらないところ。直射日光が当たると温度も上がりますし、水分もどんどん無くなっていくので、死んでしまう原因になると思うからです。キマダラミヤマカミキリはクワガタ達と同じ様な生態なので、木陰をイメージした少し暗いところに置きます。真夏に外出するときは飼育ケースの置き場所を考えてあげてくださいまた、クヌギ、クリ、ネムノキなどの朽木を入れておくと産卵するかもしれません。

キマダラミヤマカミキリのエサ

成虫のエサは、樹液、花粉、蜜なので、昆虫ゼリーで代用できます。スイカを与えたら喜んで吸っているようだったので、スイカと昆虫ゼリーの両方を与えました。また、メロンも好きなようです。恐らく、他にも代用できるエサがたくさんあると思います。夏休みの自由研究で、いろいろなエサを与えてみてまとめると面白いかもしれません。

キマダラミヤマカミキリは、比較的飼育が簡単なカミキリだと思います。キボシカミキリやカナブンなどと一緒に飼ってもケンカするようなこともありませんでした。次回は、メスを捕まえて産卵に挑戦したいと思っています。

キマダラミヤマカミキリの飼育記録

2019/8/18

文殊の森公園で、キマダラミヤマカミキリを木の幹に止まっていたのを捕まえる。昼間でも動く個体はいるようです。飼育ケース(160✖100✖高さ120)に入れてスイカを与えたら、喜んで飲んでくれた。一応、昆虫ゼリーも入れておく。キボシカミキリ、シロテンハナムグリなどと同じ飼育ケースに入れる。今はその飼育ケースしかない。

8/19

ごちゃ混ぜの多頭飼いだが、みんな元気そう。争って傷つけあっている感じはない。

8/22

 ごちゃ混ぜながら、みな元気。キボシカミキリやキマダラミヤマカミキリなどはあまりケンカしないのかな?ミヤマカミキリはケンカばかりする。ラミーカミキリはしない。

8/25

最近、スイカを買って来なくなったので、昆虫ゼリーのみで飼育している。

8/30

この飼育ケースの昆虫はぜんぜん死んでない。みな丈夫なのかな?

9/2

9月に入りました。キマダラミヤマカミキリの寿命はそろそろなのではと心配。今日メロンをあげたら喜んで飲んでくれた。

9/11

まだ、生きています。元気もまだあります。

9/13

今日、夜に見てみたら死んでいました。1か月近く飼っていたことになります。

 

今回の飼育で解ったこと

キマダラミヤマカミキリは飼育が簡単な種類だと思います。エサも昆虫ゼリー、スイカ、メロンなどを食べます。機会があれば、野菜、柑橘類を試してみようと思います。また、他の種類の昆虫と飼っても、ケンカもしていないようでした。また、小さな飼育ケースや多頭飼いでストレスを受けて死ぬこともないようです。次回、メスを捕まえたら産卵に挑戦したいと思います。