ゴマダラチョウ幼虫の飼育

ゴマダラチョウの終齢幼虫
①ゴマダラチョウの終齢幼虫    

分布 北海道、本州、四国、九州

特徴 卵は薄い緑色。幼虫の色は緑色で2齢幼虫から立派な角を持つようになります。幼虫の形、生態はオオムラサキ(日本の国蝶、天然記念物ではありません)、アカホシゴマダラ(特定外来生物に指定)に非常に似ています。下の②の写真(赤丸の所)の背中の突起物が3対あるのがゴマダラチョウ、4対あるのがオオムラサキ、アカホシゴマダラです。また、上の①の写真(赤丸の所)の尻尾の先が2又に分かれているのがゴマダラチョウとオオムラサキ。くっついているのがアカホシゴマダラです。

生態 幼虫はエノキの葉を食べます。成虫は年2回発生します。(温暖だと3回)春型、夏型の季節型の違いが成虫にはあり、幼虫も夏型は緑色のまま終齢幼虫となり蛹になりますが、春型は4齢幼虫で越冬する際、体の色が茶色(落ち葉のような色)に変化します。越冬は落ち葉の中でします。春になると脱皮し終齢幼虫(5齢)となり蛹になります。

ゴマダラチョウの3齢幼虫
②ゴマダラチョウの3齢幼虫?

ゴマダラチョウの成虫は、素早く、木の上の方を飛ぶ性質のため、なかなか捕まえられません。エノキの木でこのような幼虫を見つけたときは、是非飼育してください。飼育は難しくないので、羽化させることができるかもしれません。夏休みの自由研究にしてみてもいいかもしれません。7月初旬に卵の状態からだと、ギリギリ8月末頃に成虫になると思います。

飼育に必要なもの

・エノキの葉(枝)

・エノキの枝を刺すカップ

・飼育ケース

・ガーゼ、園芸用のオアシスなど

幼虫のエサはエノキの葉です。公園や神社などでよく見かける木で、珍しいものではありません。また、よく探すと街路樹の隙間などの空いたスペースにそこら中に生えています。

幼虫の飼育ケースの作り方

エノキを刺したカップ
エノキを刺したカップ

カップにオアシス(またはガーゼ)を入れ、水を入れます。この時カップとオアシスの隙間がないようにして下さい。幼虫が溺れてしまうことがあります。後はエノキの枝をそこに刺します。

ゴマダラチョウの飼育ケース
ゴマダラチョウの飼育ケース

飼育ケースに先ほど作ったエノキの枝を刺したカップを入れ完成。後は幼虫を入れます。この時出来るだけ幼虫を手で触らないようにしましょう。幼虫が弱ってしまいます。ヨーグルトなどを食べる時に使うプラスチックや紙のスプーンですくい上げて下さい。

幼虫のエサと管理

エノキの枝を水の入ったカップに刺したとしても、2日ぐらいしかもたないので、こまめに替えてあげてください。飼育ケースは汚れたらきれいにしてあげないと虫がわきます。幼虫はエサをよく食べてフンをたくさんします。エノキは鉢植えのものを買ってくると世話が楽になると思います。葉っぱの鮮度を保つ方法はHPの”困った昆虫のあれこれ”に書いてあります。

ゴマダラチョウの幼虫の成長過程

ゴマダラチョウの卵
ゴマダラチョウの卵

成虫が産んだ卵です。始めは薄い綺麗な緑色をしています。孵化が近づくと卵が黒くなっていきます。私は初めて見た時、夏の暑さで卵が死んでしまったと思いました。しばらく観察すると数日後、幼虫が殻を食い破り出て来ました。卵の殻から透けて幼虫の頭が見えていたようです。

ゴマダラチョウの卵(孵化前)
ゴマダラチョウの卵(孵化前)
ゴマダラチョウの1齢幼虫
ゴマダラチョウの1齢幼虫

上の写真から数日後、横長の楕円形の黒い色の頭をした1齢幼虫が誕生しました。身体は緑色で2㎜前後の大きさです。

ゴマダラチョウの2齢幼虫
ゴマダラチョウの2齢幼虫

孵化から6日ほどで2齢幼虫になったものが出て来ました。孵化したばかりを1齢、一度脱皮したものを2齢幼虫といいます。頭に特徴的な2本の角が出てきて、背中に3対の突起物が出て来ます。この頃、脱皮中に死んでしまい数が激減するそうです。私は飼っている時、幼虫は非常に小さいので、飼育ケースが広すぎた為にエサに辿り着けずに餓死したのかな?と思っていました。実際50匹前後はいた1齢幼虫がこの頃には20匹程度にまで減っていました。どんな生き物でも小さい時は弱いということでしょうか。

ゴマダラチョウの3齢幼虫
ゴマダラチョウの3齢幼虫?

ゴマダラチョウの幼虫は2齢~終齢幼虫まで形の特徴的な変化が乏しいので判断が難しいです。横の写真は大きさからおそらく3齢幼虫と推測します。

夏場の場合、4齢幼虫は緑色ですが、気温が下がってくると4齢幼虫は落ち葉のような色に変わり越冬します。落ち葉の中を探すと見つかるそうですが、私はまだお目にかかったことがありません。

ゴマダラチョウの終齢幼虫
ゴマダラチョウの終齢幼虫

頭に対して体が大きくなり、また、平べったい印象になりました。この写真を撮った5日後に蛹になりました。

ゴマダラチョウ蛹になる直前
ゴマダラチョウ蛹になる直前

これは幼虫の蛹になる直前の写真です。奥の幼虫の色と比べると、蛹になる幼虫は黄緑色をしているのが判ると思います。幼虫は蛹になる2日前ぐらいから、色が蛹により近い薄い黄緑色にに変化します。色が変化したら蛹になる予兆だと思って下さい。

蛹になったゴマダラチョウ
蛹になったゴマダラチョウ

幼虫は飼育ケースの天井や壁で蛹になることがよくあります。羽化する時に翅を広げるスペースがあれば問題はありません。ない場合には蛹の間に手でそっと移動させましょう。

蛹からもう直ぐ羽化
蛹からもう直ぐ羽化

左側の蛹は成虫の翅の色が透けて見えています。もう直ぐ羽化します。右側の幼虫は、今まさに蛹になろうとしています。

羽化したゴマダラチョウ
羽化したゴマダラチョウ

8月終わりに羽化したゴマダラチョウ。さなぎになってから1週間ぐらいです。夏型のようです。

 ゴマダラチョウの幼虫は昆虫図鑑などに、冬を木の葉の中で越すと書いてあります。今回は、冬を待たずに羽化しました。

飼育で気をつけること

卵から孵化した幼虫は非常に小さいので、普通の飼育ケースでは隙間から逃げてしまいます。隙間がほとんどないような飼育ケースもインターネットなどで買えますが高価です。私の場合、飼育ケースの蓋を外して、代わりにサランラップを貼って輪ゴムで止めています。サランラップは針で空気穴を開けるようにしています。他に、タッパーの中で飼う方法もあります。この場合も蓋には空気穴を開けて下さい。

 幼虫を飼育していると、幼虫が死んでしまうことがあります。これが連続して死んでいく場合、感染症の疑いがあります。(血のようなものを吐いて死んだ幼虫がいれば感染症の可能性は益々高くなります)直ぐに、元気な幼虫を他の飼育ケースに移すか飼育ケースをよく洗って下さい。

 幼虫や蛹の体に黒い点が大きくなっていく場合、これは寄生バエに卵を産み付けられ、寄生バエの幼虫が成長している可能性が高いです。飼育ケースに入られて産み付けられたか、幼虫を野外で捕獲した場合は、既に産みつけられていたと考えられます。飼育ケース内に入られない方法としては、飼育ケースの蓋の代わりにサランラップなどを貼って輪ゴムで止めようにします。要は飼育ケース内に寄生バエが入れないようにすることです。野外で寄生バエに卵を産み付けられることはよくあることで、今の所、寄生された幼虫を助けられる方法は知りません。確認(下の写真)したら処分する他ありません。もし、幼虫を助ける方法を知っている方がみえたら、HPのTOPの”ご意見、ご感想”の欄に書き込みをして頂けると嬉しいです。

寄生された幼虫
寄生された幼虫

ゴマダラチョウの幼虫の飼育記録

2019/7/17

飼っていたゴマダラチョウが、卵を産んだ。薄緑色の小さな卵を30個ぐらい産んだ。直ぐに卵を別の飼育ケースに移し、新しくエノキの枝を入れる。

7/18

今日も卵を産んだ。また、新しくエノキの枝を入れる。

昨日産んだ卵が黒色になる。幼虫の色?死んでしまった?解らないので、様子を見ることに。卵が黒く見えたのは、幼虫の頭部の黒色が卵の殻?から透けて見えたからのようです。

7/19

ゴマダラ母さんは今日も元気。また新しく卵を産んだ。卵に変化はなし。

7/20

またまた今日も卵を産んでいた。全部で50個ぐらいはあるかも?

7/22

今日飼育ケースを見たら、卵が孵化していた。よくよく見てみると、少し大きいのが混じっている。もしかしたら、昨日孵化したものもいるかもしれない。大きさは2~3㎜ぐらいで、頭部が黒く体が緑色の毛虫という感じ。とても小さく写真に綺麗に映らないので、写真が載せれないのが残念。いろいろいじってみると糸を吐いた。全部で30匹ぐらいいそう。卵を産んで5~6日で孵化したことになる。

 あまりにも小さい幼虫なので、飼育ケースの小さなすき間から逃げてしまう。仕方がないので、飼育ケースにサランラップを貼って、針で小さな空気穴をあけて飼育することにした。

7/25

どんどん孵化し、今、何匹いるのかわからない。でも、一部が死んでしまった。暑さのせい?他に原因はないだろうか?

7/27

幼虫の中に角のあるものがいる。2齢幼虫になったようだ。

8/1

2齢が何匹かいるが、全部で20匹くらいしかいなくなってしまった。1齢~2齢になる際、多くが死んでしまったようです。飼育ケースのそこらじゅうに幼虫は散らばってしまいます。幼虫の中には、エノキの所にたどり着けずに、餓死または熱中症などになって死んでしまっているのではないのだろうか?実際には2齢幼虫への脱皮の時、非常に死亡率が高いと後で知りました。

8/8

1匹を除いてみんな2齢になった。エサを食べてどんどん大きくなっているが、毎日少しずつ死んでしまい、今では11匹まで減ってしまった。エノキの葉を替えるときは、1匹づつ捕まえて葉っぱに乗せるようにした。

8/10

とうとう7匹にまで減ってしまった。幼虫はエサをもりもり食べるが、元気があるかないか区別できない。

8/15

3齢になった個体もいるようです。現在幼虫は4匹。

8/17

1匹がカップの水で溺れて死んでしまいました。現在3匹。みな元気そう。

 8/22

現在3匹。大きくなると死にくくなるようです。最も重要な時期は、生まれた直後のようです。50匹ほどいたようですが、飼育ケースの壁や天井(サランラップを貼って作った)にそのほとんどが這い回っていて、エサのエノキの枝から離れてしまっていました。恐らくは、空腹や喉の渇きを感じても、直ぐにエサの所に戻れず死んでしまったのではないかと思われます。課題としては、エサの近くに幼虫達がどのようにすればいてくれるかということです。

9/5

幼虫が1匹死んでしまいました。残り2匹。その内の1匹が蛹になった。もう1匹は一回り小さいので、まだ蛹にはならないと思います。

9/11

ついに羽化しました。でも、非常に小さい。このまま飼育してみようと思います。もう1匹は、まだ幼虫のまま。