工事中

ルリタテハ幼虫の育て方

ルリタテハの成虫
ルリタテハの成虫
ルリタテハ5齢幼虫
ルリタテハ5齢幼虫

ルリタテハ(瑠璃立羽)

特徴 卵は、緑色の長丸です。縦にスジが入っています。孵化後、1齢から体の周りに毛のようなトゲが生えています。成長するにしたがってトゲは硬くなっていきます。5齢まで成長すると頑丈になり、手で触ると刺さります。ただ、チクチクするという刺さり方です。見た目は毒を持っているように見えますが、毒はありません。5齢では、体の色がオレンジ色と黒色になります。

生態 幼虫のエサはサルトリイバラ、ホトトギスなどユリ科の植物です。サルトリイバラは、森林の縁の光がある程度差し込むような環境を好みます。越冬は成虫でします。

幼虫の飼育 サルトリイバラは、新鮮な状態を長く維持することが出来ます。幼虫の飼育自体は難しくはありません。

ルリタテハの飼育ケース
ルリタテハの飼育ケース

 写真のカップに刺しているのはタカサゴユリ(野山に自生しているものを採って来ました)です。産卵させるために刺してありますが、これではダメでした。どうも、ユリ科なら何でもいいという訳ではないようです。2021年はダンボール飼育ケース(縦56㎝横46㎝高さ100㎝)で飼育し、サルトリイバラも入手できたので産卵もしてくれました。

幼虫の食草サルトリイバラ

 ルリタテハの幼虫の食草は、サルトリイバラ、ホトトギスなどです。私が初めてサルトリイバラ探した時には見つけられませんでした。ただ、一度特徴を掴むと直ぐ近くにも多く生えていることを知りました。

サルトリイバラ 冬の状態
サルトリイバラ 冬の状態
サルトリイバラ 冬の状態2
サルトリイバラ 冬の状態2

 上の2枚の写真は、サルトリイバラの冬の様子です。冬の山は木の葉は落ち、草は枯れているものが多く、緑色をした植物が少なくなります。その中でサルトリイバラは葉こそ枯れていますが緑色のツタは目立ちます。木に絡まったツタを頼りに探すと見つけ易いです。

サルトリイバラ
サルトリイバラ

 サルトリイバラは上の写真のようなツル状の植物で、他の植物に絡みつき成長します。

サルトリイバラ
サルトリイバラ
サルトリイバラの特徴1
サルトリイバラの特徴1

 サルトリイバラの特徴の一つが、上の2枚の写真のカギ爪状に伸びたヒゲです。このヒゲが絡みついてくるため厄介な植物です。サルも絡まってしまうことからその名がついたとか。

サルトリイバラのトゲ
サルトリイバラの特徴2 トゲ

 サルトリイバラの特徴の二つ目は、イバラの名の通りにトゲがあります。結構しっかりとしたトゲで痛いです。

サルトリイバラの葉形は丸い
サルトリイバラの葉の形は丸い
サルトリイバラの葉形2
サルトリイバラの葉形2
サルトリイバラの葉形3
サルトリイバラの葉形3

 サルトリイバラの特徴三つ目は、その葉の形状です。まん丸の形をしたものや先が少し尖っているものもありますが、全体として丸く、他の植物でこのような葉の形をしているものは少ないです。

・カギ爪状に伸びたヒゲがある

・イバラの名の通りにトゲを持つ

・葉の形状が丸い

この特徴を持つツル植物がサルトリイバラです。

 サルトリイバラは登山道の脇、山の麓付近、山近くの雑木林など、私の周り(岐阜県岐阜市)では珍しいものではありませんでした。サルトリイバラが生えている場所は、森の中でも光のあまり入ってこない暗い木陰ではなく、森や雑木林などの縁で、ある程度の光が差し込むような環境を好むようです(森の中でも、木々の合間からある程度の光が差し込むような場所なら生えています)。サルトリイバラを探す時には、森の奥に入るのではなく、森の縁に沿って木陰を探すと見つかり易いと思います。

ルリタテハの卵
ルリタテハの卵
ルリタテハの卵2
ルリタテハの卵2
ルリタテハの卵羽化直前
ルリタテハの卵羽化直前
ルリタテハの卵(孵化直前)
ルリタテハの卵(孵化した後、孵化直前)

ルリタテハの飼育には、まだまだ解らないことが多く、もし、こんな方法でするといいよとか助言を頂けると有難いと思います。ご助言、感想などありましたら、TOPの”ご意見、ご感想”の所に書き込みをお願いします。