ルリタテハの飼い方

ルリタテハ(夏型)の表
ルリタテハ(夏型)の表
ルリタテハ(夏型)裏
ルリタテハ(夏型)裏

ルリタテハ

分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄

 特徴 25~45㎜程度。黒褐色の翅に美しい瑠璃色の帯の入ったタテハ。裏面は茶色、焦げ茶色などの色で落ち葉や樹皮に見える。モンシロチョウなどに比べると身体が太く、その運動能力の高さをうかがわせる。

生態 早いものだと3月の初旬に飛び始め10月頃まで見られる。温暖な場所では、年2~3回発生するらしい。森林の木陰でよく見かけ、クワガタと同じ場所で樹液を吸う姿も見かける。非常に機敏に飛ぶことができ、翅の色が木陰の保護色となり、空中で捕まえるのは非常に難しい。オスは縄張りを張る性質を持つそうで、翅を広げて止まることがある。冬は成虫で越冬する。夏型と秋型があるようです。

夏型・・・翅の瑠璃色の帯模様が鮮やかで幅が狭い。裏面が茶色、焦げ茶などの茶色系。また、瑠璃色の帯の中の黒点が中央にあるかどうかでも見分けられるようです。

秋型・・・夏型に比べ帯の色が水色に近くなる。裏面が夏型に比べて黒っぽくなる。帯の中の黒点がやや外側に近いところにあるそうです。

成虫は、樹液や果物の汁を吸う。幼虫は、サルトリイバラ、ホトトギスなどのユリ科を食草にするそうです。

ルリタテハ2
ルリタテハ2

飼育環境

飼育ケースは、なるべく大きなものにしてあげてください。どんな昆虫でも同じですが、昆虫にかかるストレスを少しでも軽減するためです。また、チョウは羽ばたいて暴れた場合、飼育ケースが小さいほどケースの壁に衝突してダメージを受けます。それがそのままチョウの命を削っていきます。私の場合、270✖150✖高さ190㎜のケースで飼っていました。ケージの中には、木の葉や草、木などを入れてあげましょう。チョウの止まる所や休む空間になります。ルリタテハを捕ったときの回りの風景を思い出してください。それとなるべく似た空間を作ってあげましょう。私の場合、木の葉と朽木を敷き詰めました。

ルリタテハの飼育ケース
ルリタテハの飼育ケース

写真のカップに刺しているのはタカサゴユリ(野山に自生しているものを採って来ました)です。産卵させるために刺してありますが、これではダメでした。やはり、サルトリイバラかホトトギスを手に入れなければ、産卵してくれないようです。どうも、ユリ科なら何でもいいという訳ではないようです。

 飼育ケースは直射日光の当たらない場所に置いて下さい。直射日光が当たると、植物や昆虫ゼリー、飼育ケース内の水分が蒸発し早く乾いてしまいます。また、チョウも明るい方を目指して飛ぼうとするので、壁にぶつかり翅を痛めたり、体力を無くしたりします。私が飼い始めた頃は、1日に長く明るい状態の所に置いておくと、チョウが体力をなくしてしまうと考えて、飼育ケースをダンボール箱ですっぽりと覆いました。夜にエサを与えたりする時だけ、ダンボールを外しました。案外、ダンボールで覆っても中は真っ暗ではないようで、チョウたちは自分でエサを摂取してくれていました。産卵させようと思ってタカサゴユリを入れてからは、ダンボールで覆わず、昼でも部屋のカーテンは開けずに薄暗い状態で飼っていました。どちらも安定した飼育状態のようでチョウは元気でした。

ルリタテハのエサ

ルリタテハは樹液を吸うタイプのチョウなので、代用エサは昆虫ゼリーですが、エサと認識してくれないことがあるようです。したがって、スイカや果物などのエサを一緒に入れておくことをお勧めします。試してはいませんが、熟した柿、瓜類は大丈夫そうですが、柑橘類はどうなのかな?と考えています。今度機会があったら試してみようと思います。スイカなどの生エサは1日くらいで腐り始めるので毎日交換してください。また、匂いも昆虫ゼリーより出ますので、その辺りは予算と手間との相談になります。昆虫ゼリーも残っていても1週間程度での交換をお勧めします。そうしないとコバエが湧く可能性が高くなります。

 ルリタテハはウスバシロチョウなどのように、大人しい種類のチョウではないようです。テングチョウのような機敏で大人しくしてくれないタイプのチョウです。ウスバシロチョウのような落ち着いたチョウは、砂糖水の所に止まらせてやると大人しく飲んでくれることが多いです。ですが、ルリタテハの場合、捕まえてエサに止まらせてもすぐに羽ばたいてしまい、エサを与えることができないことがほとんどです。しかし、エサが昆虫ゼリーしかない場合、捕まえたその日の夜には、無理やり昆虫ゼリーの所に止まらせて飲むまで辛抱強く待ってください。(エサの飲ませ方は”蝶の飼い方、育て方(成虫編)”を参考にしてください)飲ませられなかった場合、次の日に死んでしまう可能性が高くなります。私が飼育していた時は、昆虫ゼリーとスイカを一緒に入れておきました。ダンボールを被せている状態でも、薄明るい状態でも自分でエサを摂ってくれていたようです。昆虫ゼリーとスイカ(果物など)を一緒に入れて元気な内は余計な手を掛けないという方法がお勧めです(最近は果物だけでいいのではと思い始めています)。ただ、元気が無くなったり、翅がボロボロになってしまったときは話は別です。捕まえてエサの所に止まれせてあげてください。だいたい1日に1度エサを与えてあげれば大丈夫です。

ルリタテハの飼育記録

2019/8/12

岐阜県の文殊の森公園で、ルリタテハ(夏型)を2匹捕まえる。27㎝✖15㎝✖高さ19㎝くらいの飼育ケースに、昆虫ゼリーとスイカを入れて飼育開始。エサをあげる時以外はダンボール箱を飼育ケースに被せ、暗い状態で飼うことに。(体力の消耗を減らすことによって生存率を上げるという考えの下)

8/13

夜に様子を見るためにダンボール箱を外すと、バサバサと逃げようとして飛び回る。スイカを替える時には逃げ出してします。元気はいいのだけど、あまり見ない方が翅がボロボロにならなくていいかも?

8/15

様子を見ると、バサバサと逃げ回る。元気は十分。エサ(スイカ)を替えるために飼育ケースを空けると直ぐに逃げてしまい、部屋の中を飛び回る。

8/17

野山で自生するタカサゴユリを摂って来たので、それを水の入ったカップに刺して飼育ケースに入れた。ダンボール箱は被せた。卵を産んでくれるといいけど。

8/18

今日も元気そうだ。でも、卵を産んでいないよう。

8/20

今日も卵を産んでいない。息子がお腹が大きいのでメスといっていたが、2匹の内メスがいるのだろうか?性別の区別が私にはできません。お腹の形とかで区別できないのだろうか?

8/21

文殊の森公園でもう2匹捕まえることができた。現在4匹。息子が暗いから産卵しないのではと言っていたので、今日からはダンボール箱を外して飼育することに。昼間でもカーテンは開けず部屋を薄暗くする。(勉強の時だけは電気をつける)エサはスイカと昆虫ゼリーの両方。

8/22

みんな元気だが、やはり卵を産んでいない。タカサゴユリではダメなのかな?でも、サルトリイバラかホトトギスは文殊の森公園でも見つけられなかった。

/25

今日1匹が死んでしまった。他の子は元気だが1匹の翅がボロボロになってきている。卵は産んでいない。エサは昆虫ゼリーのみで今は飼育している。

8/29

今日、翅がボロボロの子ともう1匹の2匹も死んでしまった。卵は産んでいない。

最後の1匹も翅が傷んできている。

8/30

卵は産ませれないようなので、最後の1匹を逃がすことにした。

 

今回の飼育で解ったこと、反省点

ルリタテハは飼育自体は可能ではあるけど、長く飼うにしたがって翅を傷めてしまいます。真っ暗か薄暗く落ち着いた場所で飼育して、チョウをむやみに羽ばたかせないことが重要なようです。また、エサは昆虫ゼリーよりスイカの方が合っていたのではと思っています。スイカを入れなくなってから死に始めた印象があります。産卵はタカサゴユリではダメなのか、そもそもメス自体4匹の中にいたのか、この飼育環境ではダメなのか、今後の課題になります。

 

2019/9/8

岐阜県の文殊の森公園でルリタテハを1匹捕まえる。23㎝✖40㎝高さ31㎝の飼育ケースに昆虫ゼリーを入れて飼育スタート

9/9

朝見たらルリタテハが死んでいた。

 

今回の飼育で解ったこと、反省点

飼育ケースの広さや環境には問題はないと思います。恐らく、昆虫ゼリーを食べ物として認識できなかったためだと思われます。すると、飼育の開始の時は、昆虫ゼリーの場合、無理やりエサを飲ませる必要が出て来ます。(これがルリタテハの場合、落ち着いて飲んでくれないので難しい)または、スイカや果物だけで飼育する方がいいのかもしれません。今のところは、昆虫ゼリーと果物の両方を入れると安心かな?

 

ルリタテハの飼育には、まだまだ解らないことが多く、もし、こんな方法でするといいよとか助言とかいただけると助かります。ご助言、感想などありましたら、TOPの”ご意見、ご感想”の所に書き込みをお願いします。