工事中

蝶の飼育、育て方

ゴマダラチョウの産卵
ゴマダラチョウの産卵

 上の写真はゴマダラチョウが産卵している様子です。飼育環境がいいと卵まで産んでくれる時があります。その卵を孵化させて、幼虫を育て、蛹になり、羽化して成虫となって飛び立ってゆく。蝶の飼育の醍醐味ですよね。今回は今までやって来た飼育方法をまとめてみました。蝶の種ごとの飼育記録は別にまとめてありますので、そちらもご覧下さい。

ゴマダラチョウの5齢幼虫
ゴマダラチョウの5齢幼虫

 まず最初に、今まで飼育した蝶の中で、飼育記録が残っているものの飼育出来た期間を見て下さい。

 見方はツマキチョウに注目すると”ツマキチョウ、10逃13”と表示してあります。この13という数字は、捕獲した日を1日目と数えて13日目に死んでしまったことを意味します。10逃というのは、10日目に何らかの理由で蝶を逃がしたことを意味します。数字の書いてある数が飼育した頭数です。ツマキチョウは3頭記録に残っていることを意味します。13のピンク色の数字は、2020年4月に完成したダンボールで作った大きな飼育ケースで飼育していたことを意味します。”ミスジチョウ、、2”の表示は、2匹飼育して、1匹は捕獲したその日に死んでしまい、もう1匹は捕獲した次の日に死んでしまったという意味になります。

キタキチョウ、9

スジグロシロチョウ、3、3、、4、8

ツマキチョウ、10逃10逃13

ナミアゲハ、23逃

アオスジアゲハ、12、18、21、

カラスアゲハ、13

ジャコウアゲハ、14

モンキアゲハ、10

ナガサキアゲハ、4逃

ウスバシロチョウ、151717

ゴマダラチョウ、、6、、11、2124

イチモンジチョウ、21

アサマイチモンジチョウ、

ミスジチョウ、、2

テングチョウ、5、5、23

ルリタテハ、2、、9、、10逃、14、18

キタテハ、

ヒオドシチョウ、12、3882

クロコノマチョウ、2425

サトキマダラヒカゲ、

 2020年までの飼育記録

 蝶の飼育は種類によって難度が違います。

①ナミアゲハ、アオスジアゲハ、カラスアゲハなどの大型の蝶

②モンシロチョウ、キタキチョウなどの小型の蝶

③ヒカゲチョウ、タテハチョウなど木陰で暮らす蝶

 ①のアゲハ蝶達は飼育は難です。飛翔性が高く、飛んでは壁にぶつかり飛んではぶつかりを繰り返し、翅がボロボロになってしまう傾向にあります。飛べなくなって死んでしまいます。十分な広さの飼育ケースを確保することが難しいです。私は2020年にダンボールで飼育ケースを作りました。サイズは縦56㎝✖横46㎝✖高さ100㎝のものが出来ました。このサイズでさえアゲハ蝶達には十分な広さと言えないようで、翅がボロボロになり死なせてしまい、最後の方は飛べないような可哀そうな状態になりました。ホームセンターで売っている最大サイズの飼育ケースでなんとか飼育出来るという感じでしょうか。ダンボール飼育ケース以前は、記録(2019年の途中から付け始めました)にはありませんが、直ぐに翅がボロボロになり2、3日で死なせてしまいました。大型の蝶はエサやり自体は難しくありません。

 ②の小型の蝶は飼育ケースが小さくても飼育できます。ただ、飼育ケースが大きいに越したことはありません。やはり、壁に当たって翅がボロボロになります。また、小型の蝶は口吻(蝶のスローのところ)も小さいので、エサを与える時やりにくいです。

 ③タテハチョウやヒカゲチョウなどの木陰で暮らす蝶は、木などに止まっていることが多いのか、飛翔する時に小回りが利くのか判りませんが、翅はボロボロになりにくい傾向にあります。ただ、蝶の飼育ケースは大きい方がいいのは同じです。飼育は比較的に簡単で長く飼育出来ます。

アオスジアゲハ吸蜜中
アオスジアゲハ吸蜜中

蝶の飼育ケースの作り方

 先ほど書きましたが、飼育ケースはなるべく大きなものがいいです。これは、どの昆虫でもそうですが、大きいものほど昆虫のストレスを軽減できるからです。ストレスによって死んでしまうことはよく起こります。また、蝶の場合は、飼育ケースの壁に翅が当たってボロボロになります。でも小さい飼育ケースだからといって飼えないわけではありません。実際、一番小さな飼育ケースも使って飼育しています(小型のもの、モンシロ、キタキチョウなど)。飼育ケースの中には、木の葉や草などを入れてあげましょう。チョウの止まる所や休む空間になります。飼育ケースの中に花の鉢植えが入れればベストです。ない場合には、砂糖水(エサ)を入れた皿も入れます。

ゴマダラチョウの飼育ケース
ゴマダラチョウの飼育ケース

 私の飼育ケース(ダンボール飼育ケースを作る以前)の中はこんな感じです。鉢植えの花が手に入らないのが寂しいですね。昆虫ゼリー、スイカと砂糖水のケースを入れています。何のエサを気に入ってくれるか判らなかったので、色々入れておきました。産卵させたいので、その蝶の幼虫が食べるエサを入れています。ゴマダラチョウの場合はエノキ(榎)になります。

 飼育ケースを買うと大型のものだと2000円ぐらいするでしょうか?衣装ケース(飼育ケースとして使った場合)も1000円ぐらいはします。そこで、ダンボールで飼育ケースを作ると安上がりです。甲虫は隙間に潜りこんでしまうため、ダンボール飼育ケースは不向きですが、蝶などはそうした心配はありません。しかも、汚れたら、ダンボール回収に出せばいいのです。

 卵まで産ませたいということなら、飼育しているチョウの幼虫のエサを調べる必要があります。成虫はそこに卵を産み付けるからです。例えば、ゴマダラチョウはエノキ(榎)に、ウスバシロチョウは朽木や枝に産み付けます。

 ゴマダラチョウを例にすると、エノキの枝を水の入ったカップ(作り方は”ナナフシの飼育”を参照)に刺し、飼育ケースに入れておきます。他の植物でも同じように作ればいい場合が多いです。いかに植物を長持ちさせるかがポイントです。そうしないと、植物をいつも替えるために採ってこなければなりません。

ゴマダラチョウの卵
ゴマダラチョウの卵

 上の写真は飼っていたゴマダラチョウが産んだ卵です。このように長く飼育出来れば産卵してくれることがあります。成虫の飼育→産卵→孵化→幼虫の飼育→蛹→羽化の過程を是非体験して下さい。色々な知識も深まりますし、昆虫を飼う楽しさや喜びを味わえると思います。幼虫の成長過程などは夏休みの自由研究には持って来いです。

蝶のエサ

 チョウの成虫の飼育は、ちゃんと毎日チョウがエサを吸ってくれるかが重要です。チョウの種類によってエサを変える必要があります。大別すると2種類に分かれます。

蝶のエサ
スイカに群がる蝶たち

  花の蜜を吸うタイプ

 モンシロ、ウスバシロチョウ、テングチョウなどがこのタイプです。エサは砂糖水で代用します。だいたい25㏄の水に対し小さじすりきり2杯ぐらいにしていますが、濃度はまだ飼育しながら丁度良いところを探しています。人がなめて、ほんのり甘さを感じる程度がいいとも聞きます。注意点としては、エサの粘度が高すぎるとチョウが死んでしまうことがあります。チョウが口吻(チョウのストロー)を詰まらせてだと思います。ですので、砂糖の入れすぎには注意してください。他の代用エサとして、スイカはだいたいのチョウは喜んで飲んでくれます。しかし、スイカを与えた次の日に死んでしまったことがあったので今ではやめています。わざわざ与える必要はなく、砂糖水で飼育するのが無難です。



チョウのエサ2
樹液を吸うタイプのゴマダラチョウ

   樹液を吸うタイプ

 ゴマダラチョウ、ルリタテハなどがこのタイプです。基本は砂糖水で、水25ccに対して砂糖小さじすりきり2杯にしています。昆虫ゼリーでも代用できます。エサの粘度は高くても大丈夫なようです。ただ、昆虫ゼリーは1週間もするとコバエがわくのでその対策が必要となります。コバエ対策としては、定期的に昆虫ゼリーを交換することです(だいたい1週間ぐらいを目安に)。残っていても捨てて下さい。スイカを飲むものもいると思います。ゴマダラチョウはスイカは好きなようです。


 私は出来るだけ砂糖水で育てるようにしています。スイカを与えた次の日に蝶が死んでしまうことがときどき起こりました。花の蜜を吸うタイプ、樹液を吸うタイプの両方とも砂糖水で飼育出来ます。スイカが本当にダメなのかは、まだ解りません。ただ、砂糖水はどこの家庭でもあるので、それで飼育するのが無難だと思います。

蝶にエサを与える方法

 まず、蝶の口吻(こうふん=ストローのような部分です)を砂糖水(エサ)のところに近づけて下さい。すると自分からストローを伸ばし飲んでくれます。自分で飲んでくれない場合、チョウの巻き巻きのストロー(蝶の口)の中心に、横から、つまようじ、クリップを伸ばしたものなどの先のとがったものを差し込みます。(下の写真)息子はクリップを伸ばしたものが使いやすいと言っています。

蝶のエサの与え方
ストロー(蝶の口)の中心に差し込む

 差し込んだクルップなどを、前方にゆっくりとストローを伸ばしながらエサの所に導いてやります。エサにストローが触れると自分から飲んでくれます。(下の写真)無理矢理ストロー(蝶の口)を伸ばすと蝶を傷つけてしまうので、優しく伸ばすようにして下さい。

ストロー(蝶の口)をエサに導く
ストロー(蝶の口)をエサに導く

 最初は手間がかかりますが、チョウが慣れてくると置くだけで飲んでくれるようになる個体もいます。しばらく砂糖水を吸ったチョウは、その内、羽ばたき始めるので、そうなったらエサやり終了です。飼育ケースに戻してあげてください。飼育初日が重要で、この日に飲まない個体は次の日に死んでしまうことが多いです。上記の飼育記録で2、3日で死んでいるものは前日に飛び回ってエサを飲ませられなかったものがほとんどです。2~3度挑戦してダメだった場合、飼育ケースの中にエサも一緒に入れて下さい。自分で飲んでくれることを祈りましょう。私の場合、エサは必ず1日に1度は与えています(息子の高校の先生によると1日に2、3回与えた方がいいそうです)。ただ、朝は時間がないのでなかなか実行できないでいます。夜に1度砂糖水(エサ)を与えるついでに健康チェックもしています。元気が十分にある場合で飛び回ってエサを飲まないようなら、飼育ケースの中にエサを入れて無理には飲ませません。自分で飲んでくれていることが多いようです。ただ、前日に飲まなかった場合、次の日の午前中には健康チェックをして、再度エサを与えてみます。元気がない場合は、何としても飲ませてください。また、私はエサを与える時は屋内で行っています。そうしないと、直ぐに逃げられます。屋内で逃げた時に捕まえ易い場所でエサをあげて下さい。

砂糖水をすうテングチョウ
砂糖水をすうテングチョウ

 エサを与えるときに困るのは、テングチョウのように素早く飛び回るチョウです。特にテング、タテハ関係は食事をするより、逃げることが優先するようで落ち着きがなく、弱ってこないと大人しく飲んでくれません。でも飲ませないと死んでしまいます。2、3回挑戦してダメなら、飼育ケースの中に砂糖水(エサ)のケースを入れて、自分で飲んでくれるのを待つしかないでしょう。これまでの経験では、テングチョウ、ルリタテハは自分で飲んでくれました。

蝶の飼育ケースの置き場所

 以前は、飼育ケースの置き場所は、直射日光の当たらない比較的明るいところに置いていました。しかし、アゲハチョウなどは明るくしすぎると逃げようとして暴れて体力がなくなっていきます。いろいろな虫を飼育して感じたことですが、虫の体力が無くなることは、そのまま死につながるようです。それを踏まえて、チョウが休める環境を作ることこそ長生きできる環境なのではと思います。今では、直射日光の当たらない比較的静かで薄暗いところに飼育ケースを置いています。また、蝶が暴れてしまう場合には、飼育ケースにダンボールをすっぽりと被せて、夜の状態を作り、蝶に体力を温存させる方法があります。ただ、ずっと暗いままだと体力を使わないので、エサをあまり摂らなくなってしまいます。エサやり前の2~3時間前には少し活動させてあげて下さい。

飼育ケース内の温度に気を付けて

 今まで飼育してきて、真夏のような過酷な状態の時によく昆虫達を死なせてしまいました。やはり、人間同様に気温が高くなると喉が渇くでしょうし、自由にエサが摂れなければ熱中症?(蝶にあるかどうか知りません)のような状態にもなると思います。真夏はエサやりも最低でも朝、夕の2回した方がいいと思います。また、クーラーで温度管理もする必要があるようです。電気代がかかるので私は躊躇していますが・・・・。逆に、温度が低い方は比較的に大丈夫な印象があります。11、12月でも飼育出来ます。ただ、雪の降るような寒波の時は暖房をしてあげないと死んでしまう可能性はあります。寒くなると蝶は大人しくなり、エサも夜の1回与えれば十分です。

 ここに書いたことは、そのチョウの種別に書いたものではないので、実際に飼育したことがあるチョウは、このホームページの”飼育、育て方”のところに種別で載せています。そちらの方が参考になると思います。飼育記録も載せてあります。